こだわり干物 兆星
 
トップページ 会社案内 灰干製品 製品案内 アクセス モバイル版
挨拶 沿革 作業風景
挨拶
株式会社 兆星 代表取締役 網谷 昭宏
千葉県水産業功労賞の表彰状とメダル
 先祖は遠く和歌山県から、多数の人達と漁をしながら房総半島までたどり着き、南房洲或いは銚子へと上陸し、現在に至ります。和歌山県の白浜、勝浦と同じ地名が千葉県南房洲にあるのもその由縁です。
  創業は江戸時代から始まり海の幸に恵まれた地域性を生かし、『かつお節』『煮干いわし』などを製造しておりました。
  明治43年生まれ4代目、網谷長七郎が戦後『サンマのかばやき』『サンマのうの花漬』などの加工をし、新製品の開発に手を加えていきました。昭和47年5代目として、網谷昭宏(現在社長)がサンマ・サバ・ホッケ等の文化干し加工に取り組みはじめ、平成2年に開発されたピチットシートを導入し、従来の弱点(魚の遊離水・酸化)を補う製品作りに着手、又、平成6年頃からサンマの佃煮・灰干し製品の加工に取り組み始めました。その後、6代目、網谷征巳が主な取引先の生協関係者様に修業し、現在は新商品開発に力を入れ、頑張っております。
 
 今後共、先祖が築いた事を無駄にせず社員一同益々努力の日々を重ねる所存でございます。
 
このページの先頭へ